AKB48グループ楽曲・MVレビュー

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)

乃木坂46 / 強がる蕾 / 楽曲レビュー

歌唱力は関係無い!

※Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) 大貫和紀、河原レオ、高木龍一(作曲)Carlos K.(MV監督)真壁幸紀

★★★★★★★★☆☆ (rating 8/10)

「ハルジオンが咲く頃」のc/wで、深川麻衣さんの卒業ソングです。
編曲のCarlos Kはここにいる理由などで編曲を担当しています。
絵描きでもあるMV監督の真壁さんのストーリー性のある映像にも合った落ち着いた色合いの編曲になっています。
アイドルの楽曲は歌唱力は関係無く、その人物と歌詞にほとんどの注目をしています!それでいいのだ!
性格も癒し系なのですが、声も可愛いしコットンの様ですね。
ボーカルが増殖していないのがいいかも。

3度マイナーを使用したいよ!

サブメロディはピアノが基本になっていて、コード感はストリングスとアコギが担当です。
典型的なポップスのミディアムバラードで美しい仕上がりです。
サビの4小節目で私なら必ずといっていいほど代理で3度マイナーを使用しますが、5度になっています。
10小節目にも出てきますので、とても前向きな歌詞に合っている進行ですね。
メロディがコード感に合ってないと感じる場面があって、文明の利器ピッチ修正は間違いないはずだし、メジャー感を出しすぎているのかな?