AKB48グループ楽曲・MVレビュー

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)

乃木坂46 / 裸足でSummer / 楽曲レビュー

MV美しい

※Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) 福森秀敏(作曲)丸山健志(MV監督)

★★★★★★★★★☆ (rating 9/10)

和風なのか洋風なのかなんなのか

Aメロとサビ1が基本的に同じコード進行で更に、Bメロとサビ2のはじめが同じという天才がやりそうな作りになっている。
残念ながらやや編曲やミックスの解像度が悪くて10点にはしていないが、曲の作りは玄人が喜ぶそれ。
ダンス音楽やニューショークのスタジオではもしかしてこういう作りが木霊しているのかもしれないが、日本ではあまり聴きなじみのない感じだ。
おそらくこの作りを意識してカタカナ語が時々挿入されていると思われる。
もっとインパクトを出した方がユーザーの購買意欲を煽るのでは、と思ったりもするのだけれども、実は日本のアイドルや乃木坂46ファンは上質な音楽に触れることが多く、ファンの中で神曲と言われる楽曲も音楽的に優秀なものが多かったりする。
2サビではコード感が崩壊してしまいそうな位に転調していって、実はそこがめちゃくちゃ気持ちいので聴いて欲しい。01:44くらいのところ。
Hey!というバックコーラスの掛け声が怖くなるくらいの高揚感がある。

MVが美しい

単焦点風レンズにフォギーなフィルターをつけて青春色の彩度を誇張した感じで、特に若い世代に受けそうな色合いで素晴らしい。
スローモーションを多用して玄人的な人に釘をさされそうな予感でハラハラするが、特に不快な雰囲気ではなくゆっくり靡く髪や唇の動きが印象的でよい。
50mmくらいのレンズなのだろうか、しっかりと計算されたボケた背景色のグラデーションがどれも美しく、美しくない水に魅せてないのも凄い。
ただただ被写体以外をボカすことに何の意味もなく、しっかりとした背景感に感動した。