AKB48グループ楽曲・MVレビュー

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)

欅坂46 / 二人セゾン / 楽曲レビュー

7thコードを基軸にした美しい楽曲

※Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) SoichiroK、Nozomu.S(作曲)Soulife(編曲)

★★★★★★★★★★ (rating 10/10)

美しい楽曲に不可欠とも言える7thコードや、分数コードなどを使用して流れるようなメロディーを演出している名曲。
サビはI-II(i*7th)-VIIm7-IIImという美しさの代名詞の様な進行で、
作編曲家は乃木坂46にも提供しているCoulifeなのだけど、この楽曲はレベルが全く違う。

多重コーラス、ストリングスも歌詞も完璧

セゾン(フランス語で季節というらしい!おしゃれ~~)という聞き慣れない言葉以外は季語を織り交ぜた「ザ・日本語」で美しいメロディを引き立てている。
セ○ンカードの宣伝にでも使われたのかと思ったけども。
言葉の響きを採用した敢えてのフランス語なのだろうなあ。

C3以上の二和音前後で弾かれるイントロのピアノからして勝利なのだけど、全体的に100万点の編曲だと思う。
所々出てくる高音のサウンドエフェクトもポジティブな効果(音域とコード感をカバー)があるし、副旋律を闊歩したりオブリガードを食らわせる「クラシックで言えばハープに近い役目」をしているストリングスの役目も大きい。
現代のポップスで避けては通れないCメロのシンセゴリ推しアゲも成功していて、この楽曲でリアルタイム投機がされていると仮定すれば(なぜする)移動平均線など完全に無視して右肩上がりにチャートを描くに違いない。
22世紀に残したいアイドルソングの1つだろう。