AKB48グループ楽曲・MVレビュー

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)

HKT48 / 最高かよ / 楽曲レビュー

最高!

※Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) 和泉一弥(作曲)ZUMI(MV監督)

★★★★★★★★★☆ (rating 9/10)

編曲にAKBグループに100曲以上?かかわっている野中“まさ”雄一を迎えたライヴ向きの楽曲。
元気な時に聞きたいオタ芸応援ソングだ。(珍しく真面目に書いてる!?)

天才的なブランディング

会いに行けるアイドルというコンセプトが世の中に認知されて長らくだけど、これほどファンの心を掴むライブ向きのコンセプトの楽曲は無かっただろう。
チーム推しみたいな劇場系のオタクソングはあったけれど、シングル曲に持ってくるのはびっくりした。
AKB48やSKE48でのリリースも検討されたと思うのだけど、特に九州や博多で地元密着で愛されているHKT48に提供されたのは意味があるのだと思う。
個人的に博多が大好きなのもあるけれども九州の東京に集まる人たちは性格が良い人が多いと思っている。
センターになっているのは千葉県出身の松岡はなではあるけれど、この笑顔や人懐っこさが私の博多のイメージである。
MVはスタジオ収録とその他で違うグループ?がしている気もするけれど、特にスタジオの映像のレベルは高いので見て欲しい。
RGBが意識された鮮やかな雰囲気で数フレーム毎にチカチカ色が変わったりするのだけど、色域を綺麗に作ったり編集するのは難しいと思う。
こういう雰囲気はどうしても海外やアジア大陸の雰囲気になってしまいがちだけれど、日本のアイドル感をしっかり踏襲しているのも好感がもてる。

テンションが高い

楽しく歌っている感じがとてもいいのだけど、おそらくはJ-POPを聴きなれていない人にはびっくりする濃厚なアレンジになっている。
とにかくインパクトのある音を組み合わせていて、あまり細かい部分を聴く楽曲ではなさそう。
テンションが高くて聴いていて気持ちい、ポジティブな歌詞に勇気づけられる、(今回は)それでいいじゃない。