AKB48グループ楽曲・MVレビュー

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)

日向坂46 (けやき坂46) / ひらがなけやき / 楽曲レビュー

オープニング曲ぽい、というかそうか

※Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) 川浦正大(作曲)

★★★★★★★★★☆ (rating 9/10)

諄くもなく平和で高揚感もあるコード感のヒミツ

ひらがな推しというテレビ番組のオープンニング曲だったので馴染み深い人が多いと思う。
イントロ1小節目のオープニングベル、Aメロのギター、リズムを刻む電子ハイハット、サビの安定と高揚感を演出するベースラインが印象的な楽曲で、このあたりで私はともも気持ちよくなる。(知らん)
イントロではI-IIm-IIIm-VImという嫌味たらしくもなくかつ、覚えやすい進行になっている。
インストゥルメンタルの音階が右肩上がりになっていくので、オープニングテーマや「デビュー仕立ての爽やかで清純さ」を表す事に成功しているのだと思う。
スネアがバンバン鳴っていて、ああこれから始まるんだ・・・!という予感がすると思う。
私がアイドルをプロデュースするならこのコード進行曲がデビュー曲である。(知らん)
サビではI-IIm-IIIm-IVというつまりは、1音ずつ上昇していっている。
音楽に詳しくない人も少しずつ上昇していく感じを想像して欲しい、とても平和でなおかつ高揚感があるハズだ。

アイドルのデビュー曲あたりはシンプルな楽曲が基本

欅坂46のようにカッコよくて闇のある雰囲気の特殊なアイドルは別だと思うけれど、基本的に清純派のアイドルは簡単な楽曲からスタートしていくのが形骸化している。
歌唱能力や難しいリズムを踊る能力がないためで、ワンツーワンツーとリズムが撮り易くで、コードのルート音階をメロディが進んでくれないと唄えない。
そういう意味でもこの「ひらがなけやき」は最高の楽曲に仕上がっているし、アイドルビジネスの真髄を見ることになったのだろう。
日本のアイドル界隈はデビュー時から完成していることを拒絶するので、共に成長をしていかなければならない。

明るい未来を想起させる実質的なデビュー曲のようなこの楽曲は今後も日向坂46の歴史の中で輝き続けるのだろう。