AKB48グループ楽曲・MVレビュー

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)

AKB48 / ぐぐたすの空 / 楽曲レビュー

令和世代の人は知っているのか

※Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) 前村香春(作曲)

★★★★★★★★☆☆ (rating 8/10)

ラーメン食べたいけど豚骨みたいなコッテリはいや!

というときに聴きたい曲。(というと)
ラーメンみたいにクリティカルな音楽だけど、うるさくなくて繰り返し聴きやすい。
コード進行感が薄くて転調を繰り返すために掴みどころがない感じもするが、その内クラシックな味わいが出てくる。
このような楽曲の時にはよく記すのだけれど、スルメ的な楽曲だということ。
マイナーコードは基本的に代理的に出てきたり、解決への繋ぎで出てくる事が多いので、更にふわふわした印象になっている。
「七つの海、山が一ミリ低くなる、小鳥は唄い」・・・非常にふわふわした歌詞だ。
ほとんど意味がないのと、抑揚は無いのでカラオケではほとんど盛り上がらない気がする。
AKB48グループの楽曲は案外こういう自宅で聴けるモノが多くて、しっぽりと一人で聴くのも悪くない。
ちなみに私は豚骨ラーメンコッテリ味、麺は堅めが好き!(知らん)

Google+選抜

グーグルプラス選抜という意味不明なもので、ぐぐたす選抜とも呼ばれている。
かつて存在したSNSで、常時斜陽感がごく一部のガジェット好き系の人たちに好まれた・・・かは知らない。
私もよく投稿していたけれど、独特な人たちがわりと真面目な話をしていたりして、優秀なSNSであったという認識がある。
AKB48はここで活動していて、「AKB専用のSNSじゃなかったのか」という声もあったほど、一般人はほぼ使っていなかった。
そんな巨大IT企業とは全く関係の無い楽曲で笑ってしまう事がある。
もっとデジタルに、あるいは匿名化された個人情報の収集によるメリットを大々的に打ち出してもよかったのでは、と思う事もあるが、AKB48に政治的なメッセージを送ることは不適切かもしれないな。