AKB48グループ楽曲・MVレビュー

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)

NMB48 / ジャングルジム / 楽曲レビュー

ジャングルジムで遊んだあのころを想い出そう・・・

※Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) 酒井康男(作曲

★★★★★★★★★☆ (rating 9/10)

NMB48では珍しいミディアムテンポの曲

歌唱力に定評のある山本彩によるソロ曲で、屡々アコースティックギターでの弾き語りも披露している。
ピアノ用に転調されていると思われるが、ギターで作った雰囲気がある(おそらく)
これはコードに対するメロディがどれだけルートを意識しているかで判断するのだけれど、ギターで作られたものはこのルートを起点にルールに沿っている場合が多い。
「ジャングルジム」というキーワードはやはり子供の頃や青春を想い出させることもあってか、ハーモニカがアレンジの肝になっている。
ハーモニカは夕焼け感を出す、という名言があるくらい(あるの?)
そういう意味でもAメロのサウンドボックスは微妙な気がした。
「お尻の下の鉄の棒」という歌詞が出てくるが、秋元流の名曲を確信する歌詞だと思う。
普段使わないが、ああそれのことか・・・!と想起させてくれる歌詞は最高。
日常的な歌詞も場合も、言葉自体はよく使うけれども組み合わせが新しいと

ロマンティックな構成

Bメロの0小節目でボーカルが入り、サビでは1小節目の1音目で入り、更に4小節目で7thコードを挿入するロマンティックな構成になっている。
比較的ミディアムテンポの楽曲で多いと思うけれど、バラードよりもポップに且つ抑揚を持たせることができるので、作曲の勉強になるかも。
人生も音楽もメリハリが大事だね(何かあったの)

山本彩のソロに期待

山本彩がソロ曲をこれからも多く出してくれるならば、間違いなく全てを聴くと思う。
できればソロアルバムを3枚以上出して欲しい(めっちゃ好きやん)
アイドルで低音の音域が豊かな人は少ないし、楽器の演奏もできてもちろん見た目も素敵なので。