AKB48グループ楽曲・MVレビュー

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)

乃木坂46 / 他の星から / 楽曲レビュー

飯田橋・・・?

※Amazonにリンクしています。

★★★★★★★★★☆ (rating 9/10)

秋元康(作詞) Sugaya Bros.、松村PONY(作曲)岡川太郎(MV監督)

編曲やミックスがなかなか良い

飯田橋の駅から降りたら侵略者に人々が洗脳されていたという意味不明な歌詞で最高。
パヒューム系の編曲なのだけど、意外とボーカルの重ね方がよくて、シンセイサイザーとリズムボックスの周波数帯域と分けられていて解像度がいい。
ボーカルのハモりやフェードイン・アウトがキレイに整えられているし、アイドルの楽曲はざっくりしたものが当然多くなる中で細かくて誰が作ったのだろうかという感じ。
MVはほとんど楽曲の色合い(RGB感)を無視したもので、整合性が無い。
ただ映像単体ではワンピースや衣装の色やデザインの美しさがあるので、サイレントで見るのも一興かも。

リリースされて5年後くらいに好きになった

基本四つ打ちのダウナーな楽曲であまり乃木坂に合わないなと思って聴いてなかったけれど、歌詞やダンスの面白さやコンセプトに気付いて好きになった。
押し入れにしまったレコードを聴くように(HDDのどっかにあったmp3だけど)想い出すように聴ける楽曲は売れないのだろうけれど素晴らしい。
隠れた人気曲はかつてはカラオケ再生くらいしか収益にならなかったけれど、今の時代ならyoutubeやSpotifyで再生されて収益になるだろうし、いい時代になったなあ。