AKB48グループ楽曲・MVレビュー

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)

日向坂46 / JOYFUL LOVE / 楽曲レビュー

とても気持ちいいコード進行

※Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) 前迫潤哉、Dr.Lilcom(作曲)

★★★★★★★★★☆ (rating 9/10)

養老天命反転地という岐阜が宇宙に誇る先鋭的な公園で撮影されている。
インパクトのあるシングル曲の「キュン」のcwとして発売されている。
欅坂の様な謎の雰囲気ではなくポジティブでkawaii雰囲気が特徴だと思うが、若干のシリアスさが入っている楽曲。
それを演出するための撮影場所だったのだろうか。

とても気持ちいい代表的なコード進行

毎度の事ながらサビで転調して、IV-V-IIIm-VImというコードを形成している。

この曲を聴いてサビがサビっぽくない!と思った人も多いと思う。
cwや少し特徴的なシングル曲として使われるコード進行だ。
1小節目で不安にさせて、2小節目でマイナー調ながら少し緩ませて徐々にサビ感を出していく。
作曲の際にも覚えておきたいところ。

ミックスに特徴がある

目立つ高音ボーカルのメンバーがいるのかは分からないが、時々高い声が特に音量を下げることなくミックスされてややシリアスさを出している。
よく書いてしまうけれども、アイドルの音楽はメンバーが多いため、特にサビでは複数のボーカルを合わせないといけない事が多い。
そのために感情的な歌唱にならず機械的な印象を受ける。
プロのコーラスなのかサンプリングかは分からないけれども、この楽曲でも挿入されている。
編曲者がどうやらHIP HOPに精通しているらしくて、リズムの音でループ音が使われていたり突然シンセサイザーが挿入されていて、メリハリが聴いている。
スタンダードなJ-POP的なアンレジではない感じ。

繰り返し聴くと魅力が分かる

先ほど書いたようにシングル曲としては使い辛い構成となっているが、とても気持ちいい進行や転調をするので、繰り返しゆっくり聴くのがいいと思う。