AKB48グループ楽曲・MVレビュー

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)

指原莉乃 with アンリレ / 意気地なしマスカレード / 楽曲レビュー

情熱的で美しいマイナー楽曲

※Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) 田中俊亮(作曲)野中“まさ”雄一(編曲)

★★★★★★★★★☆ (rating 9/10)

古典的なマイナー調の情熱的な楽曲で、明確なコード感が昭和を感じさせる。
アニメ音楽の作曲家である田中氏らしい魅力的な構成の楽曲で、おそらくはピアノ(鍵盤楽器)で作曲したと思われる。
メジャー調ならばこのメインの進行である、I-VI-Vで奏でるとVで終止した雰囲気(または次の小節への潤滑油)になるのだが、この様なマイナー調では非常に不安定でシリアスな雰囲気になって大好き。
○曜サスペンス劇場のテーマ曲はこれで作りたいくらい、それから雨とネオンが似合うな。
楽曲構成的に「マスカレード」「シグナル」「ミューズ」といったキーワードがぴったりで、さすがの歌詞。

編曲に注目

クラップハンズが混ざったシンセスネアとアルペジエーターでトライアド中心に弾く音が各所で鳴っており、トランス風編曲が加えられている。AKBの楽曲ではこれが限界だろうから丁度いい塩梅で上記のコード感をさらに明確にしている。
ボーカルには全処で女性の声でハモりが加えられていて、それ故に最低限のボーカルエディットで済んでいるのだろう。ああ気持ちいいー