AKB48グループ楽曲・MVレビュー

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)

欅坂46 / 不協和音 /楽曲・MVレビュー

 

Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) バグベア(作曲/編曲)新宮良平(MV監督)

★★★★★★★★★☆ (rating 9/10)

シネマライクな映像と音とセリフの不協和音

シネマライクな美しい映像とシネマライクなSE入りに惹かれる欅坂46の4枚目シングル。

 

コントラストを高めると同時にフィルタリングした斜光をパッケージした美しい映像(格調ある色の散りばめ方素敵)はとても見る価値がある。(美少女がいっぱいいるし!

 

さて。。唐突・・・でも無いが、日本のアイドルの楽曲におけるシンセサイザーな編曲(DAWミックス)については必ずJ-POP的で無くてはならず、つまり高音域を主張させるミックスをする必要があるのだ。

「シャドウと感情がゴリ押しの映像」に合わないシャカシャカした音をあっさりと被せるのがJ-POP的であって、私のレビューでは欧米のポップスと比較する詭弁は行わないから、J-POPの中での相対的な評価を文字にする必要がある。

 

不協和音のタイトルの狙いは・・・?

この楽曲における秋元康氏の狙いの一つに逆説的に様々な不協和音を発生させること、があると思われる。

アイドルのプロデュースには、アンチを育成しファンとの間で火花を散らせることが大切だが、この楽曲をアンチ目線で批判するのは簡単でたとえば、「シネマライクな映像とチープな音に不協和音がある」と書けばいい。
何千とレビューしてきた私達のような人たちは真顔で書けちゃうでしょう笑 

映像や写真は違和感をなくす競技

でもそれじゃあ真顔でキーボードを連打しただけの文字になりそうだし、我々の様に成人した人間は2:31の名言「僕は嫌だ」などを聴くと照れてしまうことには言及したいです。。
アイドルの成長過程を見ようぜ!というAKBのコンセプトにあると思っているが、葛藤してる子供を見ようぜ!というのが欅坂46や特にこの不協和音に感じている。
そういう意味ではこの名言は誰か他の人が言えなかったのだろうか。
価値あるMVのかなりをダメにしてしまっている。
映像や写真は違和感をなくす競技だと思っているから、唐突な違和感は消し去らないといけない。
全体的に見てなんちゃら映像祭に出品できそうなレベルだと思っているが、この部分があまりに気になって無音で出品したいところだ。
(オフラインでは顔がタイプだから全くきにしてないですけどねー笑)

 

このひと音の話忘れてる

あ、この曲の音はソニーの2万円くらいのヘッドフォンで聴くのがいいと思います。
ソニーのスタジオにも置いてあるだろうあのヘッドフォンで。
ちょっとこういうコード感の無い音のレビューは難しいですすいません。