AKB48グループ楽曲・MVレビュー

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)

乃木坂46 / 強がる蕾 / 楽曲レビュー

歌唱力は関係無い!

※Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) 大貫和紀、河原レオ、高木龍一(作曲)Carlos K.(MV監督)真壁幸紀

★★★★★★★★☆☆ (rating 8/10)

「ハルジオンが咲く頃」のc/wで、深川麻衣さんの卒業ソングです。
編曲のCarlos Kはここにいる理由などで編曲を担当しています。
絵描きでもあるMV監督の真壁さんのストーリー性のある映像にも合った落ち着いた色合いの編曲になっています。
アイドルの楽曲は歌唱力は関係無く、その人物と歌詞にほとんどの注目をしています!それでいいのだ!
性格も癒し系なのですが、声も可愛いしコットンの様ですね。
ボーカルが増殖していないのがいいかも。

3度マイナーを使用したいよ!

サブメロディはピアノが基本になっていて、コード感はストリングスとアコギが担当です。
典型的なポップスのミディアムバラードで美しい仕上がりです。
サビの4小節目で私なら必ずといっていいほど代理で3度マイナーを使用しますが、5度になっています。
10小節目にも出てきますので、とても前向きな歌詞に合っている進行ですね。
メロディがコード感に合ってないと感じる場面があって、文明の利器ピッチ修正は間違いないはずだし、メジャー感を出しすぎているのかな?

渡辺麻友 / 最初のジャック / 楽曲レビュー

美しい曲展開

※Amazonにリンクしています。

★★★★★★★★★★ (rating 10/10)

秋元康(作詞) 藤本貴則(作曲)

ヤ〇ハ音楽教室の教材にしてもいいのでは

メロディの美しさがプロフェッショナルで、好き嫌いはともかく誰もが唸る隠れた名曲だと思う。
イントロでサビを想起させるストリングスメロを使っていて、Aメロは安定感重視で、Bメロで20%不安定感を出して、サビはアウフタクトでインパクトをつける。
サビはハモったのと同じものとの多重的ボーカルミックスになっていて、壮大感を演出している。
細かい編曲の部分(様々な楽器やシンセ)もこだわられていて、また冒険的ではなくて基本に忠実で1秒の無駄も無くアウトロまで美しい。
間奏のエレキや間奏終わりの転調、その後の大サビの一瞬静かになる感じは計算され尽くしている。
ここまで美しいのはベースのメロディが美しいからで、試しにピアノだけで弾いてみたら実感できると思う。
スローペースにしてみても美しかった。

まゆゆの声質は魅力が高い

高音や可愛い雰囲気の細い声が特徴ではあるが、同時に低音のセクシーさもあって、<同じ音の中で周波数を絶妙に揺らすこともできる。
アイドルとしては最高の声質だったんだなと改めて。
アイドルや芸能界を引退するということは非常に悲しいことだが、今後も彼女の声と楽曲は聴いていくのだろうと思う。

SKE48 / チョコの奴隷 / 楽曲レビュー

奴隷になりたい!(

※Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) 重永亮介(作曲)山岸聖太(MV監督)

★★★★★★★★★★ (rating 10/10)

SKE48最強の名曲

スマイル神隠しなどの作曲で知られる重永亮介が担当。
「チョコの奴隷になった人の歌」だ。

メロとサビが基本的に同じコード進行の洋風を採用している少しスロウテンポのダンスチューンで、それ故に非常に安定感がある。
デカいインパクトを欲しい場合には適さないが、何度も繰り返して聴ける雰囲気がある。
またmaj7を多用して哀愁を出して日本人に馴染みやすいようにオシャレにしている。
アメリカより北欧あたりでうけそうな楽曲だ。
北欧あたりの音楽の雰囲気(特にスウェーデン)は日本ライクな音階などが使われていることがおおくて、オーストリアあたりの音楽とは一線を画している。

派手さがない方が未来に渡って聴かれやすい

日本もサブスク全盛期に突入気味だけど、こういう楽曲は安定してランキング上位にくると思われる。
元気=SKE48=インパクト重視、というシングル曲が多いなかで、これや「前のめり」は持続可能な感じがして好感触。
ポジティブで明るい楽曲を聴きたい時にぴったりな楽曲だろう。