AKB48グループ楽曲・MVレビュー

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)

NGT48 / Maxとき315号 / 楽曲レビュー

  シングルにしたい!""願望""

 ※再生ボタンを押すと動画が再生されます

  ※Amazonにリンクしています。

 秋元康(作詞) 松本一也(作曲)松本一也(編曲)

★★★★★★★★★☆ (rating 9/10)

 

新潟48・・・NGT48の実質デビュー曲で実質最高の楽曲です。

楽曲自体に雪国感は無いのですが、雪国を走り抜けるMVは新潟らしいし、新幹線らしい。

コントラストは抑えられ、インターナショナルオレンジなどの色素は薄められて撮影されている。

ドローンで撮影された新潟の街も美しく、ゴシックなタイトルロゴのフォントも美しい。

このセンスは21世紀の今だからこそ低予算(たぶん)でも実現できるのだろう。

 

AKBの伝統芸

AKBグループの伝統的なシャカシャカ編曲で、作編曲者が同じ場合によくある「転調やサビの始まり等のメロディーの切り替わりと同時に編曲が変わる楽曲」になっている。

物凄く編集された弦楽器のメロディーラインや息苦しそうなエレキの音が印象的だ。

サビの打ち込みリズムも実に心地よいし、バックコーラスの声がいい感じ。

あまりボーカルの練習をさせられて居なかったのか、メンバーの登場人物は少ないようだ(問題は無い・・・)

イントロなどの鍵盤の音を日本海に響く様なキレイな音にして欲しかったという願いはある。

 

新潟は米

新潟のイメージが米しか無いよく居る日本人の私は、新潟に48ができることに驚いた。

かつては東京、大阪に続く大都会であったという。

タワマンを背景にした踊りシーンで片鱗が見えるかもしれない。(それは無い)

 新潟や東北の米は本当に美味しい。みなさん米を食べながらNGT聴きましょう。

 

アウフタクトは最高

私の褒めレビューの45%(当社調べ)に登場するらしいこの文字、好きなんです。。

未来はいつも~~のとこ、1小節目に先行してますよね。

 大抵の場合はバックの音が静まるのですが、Bメロから盛り上がったままサビに突入する。
これはデビュー曲であるから隙間なく音を配置したかった、というプロデューサーの思惑が垣間見れる編曲と想像している。
この技を使うときは大抵の場合に伝統的なコード進行とメジャーコードを利用することになるから、覚えて置くといいと思います。

 

 

SKE48 / 前のめり / 楽曲レビュー

爽やかの絶頂

※再生ボタンを押すと動画が再生されます

※Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) 杉山勝彦(作曲) 若田部誠(編曲)中村哲平(MV監督)

★★★★★★★★★★ (rating 10/10)

 

爽やかで透明感のある楽曲

透明感のあることで有名な松井玲奈のシャカシャカ音の卒業ソング。
松井玲奈のボーカルがメインで高音と細い声が印象的。
サビで2度の転調していることや、8小節目1:16辺りのセカンダリードミナントのコード感が爽やかで疾走する「いえい!明るく卒業だあ!」という未来感があります。

この楽曲のキモで美しいととても思います。
アイドルの楽曲で退発的で暗いコード感でこういう雰囲気のサビはあまり聴かないので、初めて聞いたときに変な声が出て新鮮でいいなと思った。

イントロのシンセストリングスがボーカルラインをなぞるのがサビ想像をできるし、サビのシンセハーブも私は好きですね。

秋元さんの好きな「しつこいくらいの繰り返し」 が音でも実現しているのでは。

 

デジタルミュージックならでは

DAWが主流になっている今のポップミュージック界隈ではこういうタイプの楽曲は量産されていると思う。

こういうタイプ・・・取り敢えずリズムループを敷いて、ボーカルラインを決めてデジタルなストリングスやコーラスを入れる編曲のこと。

編曲自体非常にセンスが高く、独特な音感で聴けば聴くほど好きになると思います。

一度聴いただけではよく分からないかも。。

正直なところSKE48の楽曲は完成度の高いものは多くないですが、これはこだわりが見られていておすすめです。

HKT48 / 12秒 / 楽曲レビュー

12秒はあの時間らしい

※再生ボタンを押すと動画が再生されます

※Amazonにリンクしています。

秋元康(作詞) Linia(作曲)野中“まさ”雄一(編曲)高橋栄樹(MV監督)

★★★★★★★★☆☆ (ratngng 8/10)

 

イントロからAKBグループ王道のメジャーなポップ調でテンポの良いギターリフでテンションあがります。

コールを入れやすい作り方なのでしょうか。

ボーカルに被るレゾナンスする電子音は好き嫌いはありますが、とにかくうるさく聴こえるも全体的にミックスもとくに問題無いと感じています。

映像がポップで且つ美しい

公式のMVですが、やや音に遅延があるかもしれません(リップシンクしていない)
顔面アップを多く撮るせいか微笑み型(勝手に命名)のシアン入り照明のアイキャッチがキレイに入れられています。

そういった場面はキャノンのフルサイズ一眼レフの動画モードで撮影されたように、滑らかな背景の動きで気持ちいいです。

美しい映像だと思うし、やはり床の斜めストライプデザインがポップ&キャッチーに脳を焼いてくれます。

テキスタイル絵本風の合成映像はあまりよろしくないと思いますが、メインの踊り場の空間デザインはさいこう!ポップ調好きじゃなくても色味がキレイなので好きな人多いと思います。

光からイエローをあまり取り除いていないのも部屋の中感がって暖かいテンパーチャーでいいですね。

歌詞に唇が出て来ることもあり、リップの色は各自のキャラ(HKTのおでかけ!よく見ていたので懐かしい面々が○)に合わせてこだわりがあるようで、リップに照明があたりつるんと可愛い場面もあって、可愛いですね(語彙力)

キスの時間??

みなさん!秋元先生によるとキスの時間は12秒らしいです。

検定に間違いなくでますよね、要チェック。

私はだいたい5秒くらいかなー(とても要らない情報)

歌詞の勝利ポイント

永遠<<<<<12秒

ここですよね~とてもキャッチーで「は!?12秒もしねえよ!?」とか議論を誘うこともできオリジナリティがありますね。

 

Aメロでサビで出てくるダイヤモンドを匂わせるつくりも気持ちいいです、昇天しますね。