AKB48グループ楽曲・MV(動画)レビュー まとめ

作詞作曲もするただのAKBマニアの「えるがー」が、AKB48グループの楽曲やMVをレビューしています(全曲したい!)


↓↓↓AKBグループの動画も見れるAmazon プライムビデオ愛用しています!↓↓

NMB48 / 初恋至上主義 / 楽曲レビュー

太田夢莉は雰囲気があって美しい

/

秋元康(作詞) SoichiroK Nozomu.S(作曲)直(MV監督)

★★★★★★★★★★ (rating 10/10)

深夜高速道路の感じ

サビのコード進行はオシャレ定番のIVMj7/V(onIV)/IIIm/VI7となっていて、例えばデビューシングルでは絶対にしない様な形になっていてNMB48が成熟してきたときにリリースする曲としてはぴったりだ。
この後にルートコードEに小細工無くきっちり落として気持ちよくBメロに進めていく。
テンポ感もよくメロディの上げ下げも平行チャネルの中で移動しているので気づいたらループしているのではないだろうか。
不安定と安定の間のミステリアスな雰囲気を醸し出すコード進行は深夜の高速道路を走る社会を分かっている男女の様な感じだ。
学生時代の恋がテーマではあるが、太田夢莉がセンターというのも合っていて違和感なくMVも入ってくる。

NMB48 / だってだってだって / 楽曲レビュー

NMB48には珍しいオシャレソング

秋元康(作詞) 藤田克洋、N-Gram(作曲)加藤マニ(MV監督)

★★★★★★★★☆☆ (rating 8/10)

自主制作映画をテーマにしたダークオレンジに色振りされたMVがオシャレ

スマッシュヒット狙いの音数の多いオシャレなポップソングは00年代のCD全盛期を彷彿とさせる。
MVとしてはハイライトをメインにしたキラキラしたものにするのかと思いきや、感情的な雰囲気を演出するためのシャドウを落としてコントラストを高めたエモい感じになっていて、対照的ではあるがこれはこれでこれこれでいいのかもしれない。

AKB48 / サステナブル / 楽曲レビュー

全盛期のAKB48を彷彿とさせるが・・・

秋元康(作詞)井上ヨシマサ(作曲)(MV監督)

★★★★★★★☆☆☆ (rating 7/10)

次回作に期待

AKB48の数々の名曲を作曲している井上先生による久しぶりの曲。
かつての全盛期を彷彿とさせるような鋭利なシンセとサビのコード感なのだが、なかなか印象が弱い、インパクトが弱い。
逆に言えば繰り返し聴けるメロディーなのだが、いかんせん音がインパクト系なので耳障りなところが正直ある。
井上先生の曲は本当に好きなので次回作に期待したいところだ。
真夏のSounds good !やEveryday、カチューシャみたいな地味メロディーシングル曲としてもしかして5年後に聴くといい曲に聴こえるのかも。